シアリスと食事

シアリスと食事

シアリスと食事の関係の知識について

シアリスは、バイアグラ、レビトラに次ぐ第3のED(勃起不全)治療薬です。EDというのは男性の病気で、性交時に十分な勃起が得られなかったり、十分な勃起を維持することができない状態のことを言います。

年齢的な原因が大きいと言われていたEDですが、30代などの若い世代にも急増しています。


それは、ストレスや運動不足、生活習慣の乱れが原因になることがわかってきました。

そのため、EDの治療薬を利用する方が増えています。

そんな中、2007年という比較的最近になって発売されたのがシアリスです。

シアリスはアメリカで開発された医薬品で、日本では医師の処方が必要な処方箋医薬品です。

クリニックに行って処方してもらう必要があります。

シアリスは、以前のED治療薬であるバイアグラやレビトラとは違う特徴があります。

それは、最長36時間という長時間の効果持続がみられることや、食事の影響を受けにくく、唯一食前の服用が可能という自由度の高さがいえます。

シアリスは、食事の影響を受けにくいED治療薬で、いつ服用してもいいので、自分のタイミングで服用ができるという、忙しい現代人にとっては嬉しい特徴なのですが、1点注意しなければいけない事があります。

それは、脂っこい食事など高カロリーの食事を摂ったあとに服用してしまうと、効果が弱まってしまうという事です。

食事の後の服用のために、吸収が悪くなってしまうためで、目安としては牛丼1杯(800kcal)以上の食事を摂った後には、2時間以上あけてから服用するというのがいいようです。

外食などをすることが決まっている場合には、あらかじめ食前に服用しておくことをお勧めします。

シアリスの効果作用時間は服用してから1時間後くらいを目安に効果が出ますが、性的刺激がなければ、勃起したりという心配もないので、安心して服用してください。

また、お酒を飲む場合には、飲みすぎもEDの原因となるので、リラックスできる適量を心掛けるようにしましょう。

このページの先頭へ