薬と抗生物質

薬と抗生物質

抗生物質薬の働きについて

抗生物質というのは、さまざまな感染症の治療に使われます。

抗生物質というのは、病気の原因となる菌を殺したり、増殖を抑えたりすることで感染症を治療する薬です。

細菌による感染症には、抗菌薬、カビによる感染症には、抗真菌薬、ウイルスによる感染症には抗ウイルス薬が処方されます。


抗菌薬が使用される主な病気は、肺炎や中耳炎があり、抗真菌薬が使用される病気は、水虫やカンジダ、抗ウイルス薬は、インフルエンザウイルスやヘルペスウイルスなどに使用されます。

このように抗生物質は、様々な感染症に効果があるため、その形状も様々です。

飲み薬はもちろん、点滴などの注射薬や点眼薬、塗り薬や座薬もあります。

抗生物質は、菌を殺すことが目的などで、必ず決められた時間や回数を守って服用することが大切です。

処方された日数分を決められた間隔で服用しないと菌を殺すために十分な薬剤成分ではなくなり、治癒が遅くなったり、抗生物質が効かない耐性菌が生まれてしまう可能性があるので注意しましょう。

また、抗生物質には、副作用として、身体の状態を保っている菌のバランスを崩してしまう事が考えられます。

下痢やカンジダなどが一般的に出やすい副作用です。

このような副作用が出たら、医師や薬剤師に抗生物質の使用について相談しましょう。

また、インフルエンザ以外で一般的な風邪の症状が出た場合にも、抗生物質を処方されることが多いです。

(特に小児科)これは、万が一風邪以外の感染症だった場合の対策として、抗生物質が処方されることが多いのですが、一般的に風邪には抗生物質は効果がないと言われています。

人の身体には体の状態を保っている菌が共存しているため、抗生物質を服用したことでこのバランスが崩れ、大腸炎になったり、カンジダを発症してしまう危険もあるので、風邪と診断された場合に、抗生物質を処方されたら、抗生物質がなぜ必要なのか医師や薬剤師に確認するのが一番でしょう。

このページの先頭へ