薬検定とは

薬検定とは

薬検定の解説をします

2009年の薬事法改正に伴い、セルフメディケーションという自分自身で健康を管理するという動きが高まりました。

現在は人々の生活スタイルも多様化しており、ドラッグストアの市販薬を利用する方が増えています。


自分自身の判断で軽い病状であれば、医療機関を受診せずドラッグストアなどで購入した市販薬で病気を治すという方も多いのではないでしょうか。

また、サプリメントなどで、不足していると考えられる栄養素を摂る事で日頃から健康管理をしている方も多いですね。

そのような事がすべてセルフメディケーションなのです。

これは、日常的な健康管理に繋がりますし、医療保険費を抑制できるなどの利点がありますが、医学や薬学の知識が必要になりますし、医療機関を避けることにより重大な疾患の発覚が遅れる可能性があるなどのリスクもあります。

そのため、必ず年に1度は健康診断を行うように心がけ、そのうえで、セルフメディケーションを実施するのが一番です。

情報社会で、インターネット上には様々な情報が溢れています。

医薬品や病気についてもかなりの情報がありますが、これも正しい情報を自分自身で見極めることが重要です。

インターネットで自分と似た症状の情報を見て重大な疾患かも知れないと、落ち込みながら病院を受診し、実際には軽い症状だった。

なんてことも最近は多いようです。

セルフメディケーションを心掛けたいと思うのであれば、薬学検定がおすすめです。

薬学検定は薬学を中心とした知識レベルを一手の基準で客観的に評価する試験です。

薬の飲み合わせや、どんな薬を選べばいいのか。

その薬の副作用など、様々な知識を得ることができる試験です。

この他にも、ドラックストアでの実務経験があるのであれば、登録販売者の試験がお勧めです。

この資格があれば、第二類医薬品・第三類医薬品の販売ができるため、業界では就職にもかなり有利になります。

薬の知識を身につけたいという方におすすめです。

このページの先頭へ