シアリスと風邪薬

シアリスと風邪薬

シアリスと風邪薬の同時服用はいいのか

近年若い男性にも増えていると言われているED(勃起不全)です。

EDの原因は年齢的なものが大半と言われていましたが、実際には若い男性にも多く、ストレスや運動不足、生活習慣の乱れなども原因になるという事が最近になってわかってきました。


2007年に日本で発売されたシアリスというED治療薬は、食事の影響を受けにくく、自由な時間に服用が可能であることなどから、人気を集めています。

また、シアリスはほかのED治療薬であるバイアグラやレビトラとは違い、長時間の効果持続があり、最長36時間とも言われます。

36時間も効果があると、その間に体調がすぐれなかったりして、風邪薬や鎮痛剤を服用したいと思う方もいるかもしれません。

そのような場合でもシアリスは風邪薬や鎮痛剤の成分と併用しても問題がなく、シアリスの効果が残っている場合に風邪薬や鎮痛剤を服用しても大丈夫なのです。

しかし、シアリスを服用して頭痛や身体の火照り、めまいなど、副作用と思われる症状が出た場合には、服用量が多いことも考えられます。

このような場合には医師に相談したり、身体を休ませて安静にするなど、対処するようにしてください。

とくにED治療薬の中でも自由度が高いシアリスは、アルコールや食事の影響も受けにくいので、ED治療薬を服用しながら、いつもの日常生活になにも支障が出ないのがいいところです。

しかし、シアリスにも併用禁忌薬というのは存在します。

硝酸剤と言われる、虚血性心疾患でよく用いられる薬に関しては併用禁忌となっているので、注意してください。

また、グレープフルーツに含まれる成分も、シアリスの薬剤の代謝をする酵素を阻害してしまうので、薬の効き目が強く出てしまったり、副作用が強く出てしまう危険性があるので注意してください。

特にアルコールを飲む方は、グレープフルーツが含まれたカクテルも多いので、特に注意しましょう。

そして、アルコールの飲み過ぎはEDの原因になるのでほどほどに。

このページの先頭へ